群馬大学 研究・産学連携推進機構

重点支援プロジェクト

重点支援プロジェクトについて

 群馬大学は、地域にあって、グローバルレベルでの最先端研究を推進しています。統合腫瘍学や内分泌代謝・シグナル学などの重点領域分野、重粒子線治療などの先進医療の研究開発や低炭素化材料の開発などの各専門分野の最先端分野を切り開く独創的な研究を展開しています。 本プロジェクトでは、今後の群馬大学における新たな強みや特色を形成し、最先端研究の推進だけでなく、地域社会の問題解決に応えていくことができる研究領域(テーマ)を核とした研究プロジェクトに重点的な支援を行い、学内研究者間の連携体制の充実、若手研究者の育成、研究成果の積極的な情報発信等を通じて、有力な研究拠点の形成に取り組んでいます。

重点支援プロジェクトの位置づけ

 

G2推進研究
 No. 研究代表者 学部等 プロジェクトのテーマ名 プロジェクトの内容
1 福田 正人
平井 宏和
医学系研究科 非ヒト霊長類(マーモセット)を用いた脳神経研究基盤の確立 -高次脳機能障害、精神・神経変性疾患の病態解明と治療法開発へ向けて 準備中です。
2 嶋田 淳子 保健学研究科 顧みられない熱帯病の統合的理解と治療薬開発研究基盤の構築 準備中です。
3 大野 達也
田代 睦
医学系研究科 先導的がん医療の汎用と重粒子線医学の高度化展開、および革新的がん未来医療の開発のための総力的がん医療イノベーション研究 準備中です。
山延 健 理工学府 「Sメンブレン」プロジェクト(スーパー・メンブレンの創製と自律システム化) 準備中です。
畑田 出穂 生体調節研究所 創薬標的遺伝子の個体レベルでの高速スクリーニング法の開発 準備中です。
村上 正巳 医学系研究科 原因不明の脂質異常症の病態解明及び治療戦略の創出 準備中です。
G3基盤・シーズ研究(令和3年度採択テーマ)
 No.  研究代表者  学部等  プロジェクトのテーマ名  プロジェクトの内容
1

加田 渉

理工学府 理工基盤と量子技術の共創的融合による固体量子センシングフロンティアの開拓 準備中です。

佐々木 伸雄

生体調節研究所 新生児期における腸内細菌-腸管上皮細胞の相互作用 準備中です。

川辺 浩志

医学系研究科 発達障害の病態解明を目指した超解像3D-STED顕微鏡によるシナプスの微細形態解析 準備中です。
4

片山 彩香

医学系研究科 AIを用いた病理組織・ゲノムプロファイリングによる癌個別化治療の開発 準備中です。
5

松尾 一郎

理工学府 糖鎖による細胞機能・形態制御を目指した薬剤送達システムの構築 準備中です。
G3基盤・シーズ研究(令和2年度採択テーマ)
 No.  研究代表者  学部等  プロジェクトのテーマ名  プロジェクトの内容
1

六代 範

医学系研究科 難治性がんにおけるバイオマーカーの策定と創薬標的の探索 準備中です。
2

大日方 英
川端 麗香

医学系研究科
未来先端研究機構
機械学習によるデータマイニングおよび多階層オミックス解析を活用した難治性疾病の病態解明と新規治療法の開発 準備中です。
3

白川 純

生体調節研究所 糖尿病根本治療へ向けたヒト膵島を用いたトランスレーショナルリサーチ 準備中です。
4

髙橋 昭久

重粒子線医学推進機構 国際宇宙ステーション「きぼう」利用宇宙実験とその先へ (宇宙放射線と重力変化の複合影響) 準備中です。

柴田 淳史

未来先端研究機構 DNA修復反応を中心としたゲノム医科学ネットワークの確立による発がんメカニズムの統合的理解と新たながん医療シーズの開拓 準備中です。
Wheelock Craig
ChaleckisRomanas
未来先端研究機構 Molecular phenotyping of asthma and COPD
(喘息と慢性閉塞性肺疾患(COPD)の分子表現型解析)
準備中です。
G3基盤・シーズ研究(令和元年度採択テーマ)
 No.  研究代表者  学部等  プロジェクトのテーマ名  プロジェクトの内容
1

倉林 正彦

医学系研究科 ミトコンドリア機能改善経路の同定と新規心不全治療薬の開発 準備中です。

茂木 精一郎

医学系研究科 全身性強皮症に伴う手指潰瘍・レイノー現象に対するB型ボツリヌス毒素局所注入療法の実用化を目指して 準備中です。

網井 秀樹

理工学府 フッ素材料科学のブレイクスルーと新機能創出(略称:F-マテリアル) 準備中です。
機構について