群馬大学 研究・産学連携推進機構

利益相反マネジメント

群馬大学では、教育及び研究に加えて、社会との連携を促進し、学術研究による成果を社会に還元することを使命としています。このため、共同研究、受託研究等産学官連携を含む社会貢献活動を積極的に推進しておりますが、その際、不可避的に利益相反の問題が生じることになります。そこで、本学では、利益相反マネジメントポリシーを策定し、公正かつ効率的に研究を遂行できるように必要な措置を講じています。

詳細につきましては以下のリンクよりご覧ください。

※利益相反とは

利益相反とは、本学又は教職員が産学官連携活動に伴って得る利益と、本学における教育及び研究上の責任が衝突・相反している状態を指します。たとえば、人を対象とする臨床研究を、民間企業からの経費(共同研究経費、寄附金等)で実施する場合、その研究結果は、経費を支出した民間企業の利益と、患者さんの利益が相反する状態を指します。

学内研究者の方へ